Topics

2021.09.17
参加企業様に向けた経過報告会を実施しました。プロジェクト事務局で体験導入の準備を鋭意進行中です。
2021.09.02
英語版HP開設しました。海外に向けた発信も行ってまいります。
2021.08.18
第1回 体験導入ワークショップを開催しました。多数のご参加誠にありがとうございました。
2021.08.03
体験導入ワークショップに先立ち、有識者による外部委員会を開催しました。いただいたご意見を踏まえてワークショップに臨みます。
2021.07.31
7/30をもって体験導入ワークショップのお申し込みを締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
2021.07.19
おかげさまで体験導入ワークショップのお申し込みを多くいただいております。7/30まで受け付けておりますのでご興味のある方はぜひご検討ください
2021.07.02
本プロジェクトのリーフレットをアップしました。介護事業者向けはこちら。企業向けはこちら
2021.07.01
ホームページ開設しました。体験導入ワークショップの参加受付も開始します。
  • 神戸市医療産業都市 会員専用ポータルサイト
  • 神戸市の福祉応援プロジェクト「コウベdeカイゴ」

神戸市 介護テクノロジー導入促進プロジェクトとは

神戸市では、介護現場の業務負担軽減、人材確保・定着を図り、介護しやすい環境づくりを進めるため、介護現場への介護テクノロジーの導入促進を支援しています。

本プロジェクトは、テクノロジーの導入に何らかの課題を抱えている介護事業者と、すべての企業を橋渡しすることで、より良い現場作り・テクノロジー開発の機会を創出するものです。

本プロジェクトを通じて介護テクノロジーがもっと身近に、もっとニーズに沿ったものとなり、神戸の介護がよりイキイキとなるよう、様々な活動を展開してまいります。

市内の介護事業者

どんなテクノロジーをどう使えばいいの?/ちゃんと定着できるか心配/プロの客観的なアドバイスが必要

  • 介護テクノロジーについて情報収集を行なっている事業
  • 介護テクノロジーの導入がまだできていない事業所
  • 助成金を活用したい
  • 介護テクノロジーの費用対効果が知りたい
  • 介護テクノロジーを導入または体験済みだが、運用に課題を抱えている事業所など

※神戸市内の介護事業者に限ります

介護テクノロジーの関連企業

うちの製品は本当に役立っている?/介護現場のリアルな声を聞きたい/地域と近い距離で開発を行いたい

  • 介護テクノロジーの介護現場への導入について情報収集を行なっている企業
  • 介護テクノロジーを開発中・開発検討中だが、何らかの障壁がある企業
  • 介護テクノロジーを上市済みまたは開発中で、普及・改良のためのユーザーフィードバックが必要である企業など

神戸市が介護技術の専門家とともに橋渡し

具体的には、介護事業者とすべての企業に向けて以下の活動を無料で行います。

相談窓口 介護テクノロジーに関する疑問や不安などにお応えします
体験導入 さまざまなテクノロジー機器の貸し出し機械をご提供します
支援イベント 本プロジェクトの知見や事例を今後の支援材料としてシェアします

ご利用は全て無料です。

プロジェクトのスケジュール

相談窓口

介護テクノロジーに関する
疑問や不安などにお応えします

介護テクノロジーに関するご質問、ご相談にお応えする相談窓口を設置します。介護現場の課題解決をどのように進めれば良いかについて、専門の相談員がお話を伺います。介護事業者はもちろん、開発企業からのご相談も受け付けます。Webからでも、窓口に直接お越し(予約制)いただいても構いません。
今後の自分たちの方向性を見出すために、まずはお気軽にご相談ください。

※ご利用は全て無料です。

開設時期
令和3年(2021年)6月22日〜
ご利用時間
9:00〜17:00(月〜金) ※事前予約により土日対応も可能
ご利用対象者
神戸市内の介護事業者、国内外を問わず介護テクノロジーの開発企業
ご利用方法
まずは、​Webフォーム/お電話/FAXでご連絡ください。
ご訪問は事前予約が必要となります。

ご相談の例

<介護事業者の場合>

  • 導入したい機器があるけど何から始めればいいか分からない
  • メーカーには聞きづらいけどちょっと教えて欲しい
  • 購入前に試しに使ってみたい
  • 助成金を活用したい

<開発企業の場合>

  • 自社製品をユーザーに貸し出して声を集めてみたい
  • 企業向けの行政施策を知りたい
  • これから介護テクノロジーの開発を始めたい

機器の体験導入

(1)体験導入(機器貸し出し)ワークショップ
<講師>
一般社団法人日本ノーリフト協会
代表理事 保田 淳子

介護テクノロジーの体験を通じ参加者の課題を洗い出します

介護テクノロジーに興味があるけど、何が自分たちの現場に適しているか分からない。使いこなせるか心配だ。そんな介護事業者の方々に向けて、体験導入支援として3回シリーズのワークショップを無料で開催いたします。現場の負担の見直しや、質の高い介護を提供するための機会としてご利用ください。

参加は無料です。下のお申し込みボタンからお申し込みください。(お申し込み多数の場合は事務局にて選定させていただきます)

開設時期  令和3年
第1回 8月18日(水)
第2回 10月20日(水)
第3回 12月8日(水)

時間はいずれも13:30~16:00
参加募集期間
令和3年7月1日(木)〜7月30日(金)17:00
会場
※COVID‐19感染拡大状況によってはWebにて開催
NO LIFT LABO(一般社団法人日本ノーリフト協会内)
兵庫県神戸市兵庫区駅南通5丁目1−2 健康ライフプラザ 5階
ご利用対象者
  • 神戸市内の介護事業者
    管理者とスタッフ(2名1組)での参加ができる介護事業者に限ります
  • 介護テクノロジーの提供企業(上市済み介護テクノロジー機器の貸し出し者として参加)
ご参加にあたっての遵守事項(応募受付時にご同意をいただいております)

体験導入ワークショップでは、参加者様に介護テクノロジーを体験導入していただきます。また、介護テクノロジーの提供企業との意見交換の場を設けて、介護現場の声を直接届ける機会にもいたします。グループワークと体験が中心となり、全3回シリーズで開催します。

なお、このワークショップに参加した介護事業者から3事業所程度、別途実施する「伴走型コンサルテーション(無料)」へご招待します。

  • 介護事業者のお申し込みはこちら
  • 介護テクノロジーの提供企業のお申し込みはこちら

令和3年7月30日をもって締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

(2)伴走型コンサルテーション

専門コンサルタントがみなさまの現場で具体的な指導を行います

伴走型コンサルテーションでは、介護テクノロジーの導入の積極的な介護事業者に向けて、より実践的な支援を行います。体験導入(機器貸し出し)ワークショップに参加した介護事業者の中から3事業所を選抜し、専門コンサルタントが無料で約5ヶ月間、2週に1度のペースで介護テクノロジーの定着に向けた具体的な指導と効果測定を行います。

参加は無料です。ただし体験導入(機器貸し出し)ワークショップへの参加(全3回)が必要です。

参加対象者

体験導入(機器貸し出し)ワークショップ(全3回)に参加する介護事業者からプロジェクト事務局が選抜

詳細は参加対象介護事業者へ別途お知らせします。

支援イベント

本プロジェクトの知見や事例を今後の支援材料としてシェアします

支援イベントは、体験導入ワークショップと伴走型コンサルテーションの実施結果を発表するWebセミナーです。介護ロボットを導入する具体的な事例やノウハウが知れる貴重な機会です。介護テクノロジーに興味のある介護事業者関係者ならどなたでも参加できます。

※参加は無料です。

参加対象者

  • 神戸市内の介護事業者(200名程度)
  • すべての企業

※詳細は12月頃にお知らせします。

介護テクノロジーとは?

本プロジェクトにおいて介護テクノロジーとは、以下のようなさまざまな機器を指します。
これらを体験導入や貸与の対象としますので、ご興味のある方はひお問い合わせください。

介護テクノロジーの説明図、詳細は以下

参加企業一覧(順不同)